普段使いにも旅行にも大活躍!マリメッコのリュックサック

普段使いにも旅行にも大活躍!マリメッコのリュックサック

街で見かけることの多いマリメッコのリュックサック

大人気のマリメッコのリュックサック。

種類は様々ありますが、当店で特に人気が高いのはBUDDY(バディ)とMETRO(メトロ)です。

見た目はほとんど変わらない2点ですが、その違いをご紹介します!

 

 

METRO・・・容量は約15リットル。A4サイズ収納可能。BUDDYより小ぶりでスリムなので普段使いや通勤通学に最適!

BUDDY・・・容量は約20リットル。A4がらくらく収納できるサイズ。厚みがあり収納力があるので1~2泊程度の旅行にも使えます!

 

基本的なデザインはそのままに、大きさがひとまわり違うBUDDYとMETRO。
どちらを購入しようか悩んでしまう方が多いと思います。(私もそうでした) 
今回は私が悩んだ末に購入したBUDDYをご紹介します! 

 

すっきりとしたデザインとシルエット

無地にブランドロゴのパッチのみというシンプルなデザインは性別、年齢、服装を選ばないので、ひとつあれば家族で共有もできますね。
上にいくにつれスリムになった台形のようなフォルムは、たくさん収納しても大きすぎない印象。
背の低い女性が背負っても、BUDDYだとすっきり見えるので嬉しいですね。
下側が安定しているので、置いたときにちゃんと自立するところも嬉しいポイント!

 

傷に強く軽いナイロン素材

素材は触るとさらさらとした印象のナイロン100%。
重さは約590gと軽いので、荷物をたくさん入れてもらくらく背負えます。

ぎゅっと目の詰まった素材感は傷や汚れが付きにくく、雨にぬれてもシミになりにくいので日常使いしやすいですね。
万が一汚れてしまっても、手洗いでの洗濯OKなので安心です!

 

とにかくたくさん入る!

大容量のBUDDY。
普段荷物が多い方や旅行用バッグ、マザーズバッグとしても活躍するサイズです。
私も1~2泊くらいの旅行にはBUDDYを使います。

私の2泊旅行時のBUDDYの中身がコチラ↓

着替え、メイクポーチ、充電器、メガネ、水筒、カメラ、エコバッグ、雑誌、折り畳み傘、街歩き用のショルダーバッグ・・・
BUDDYの内側には仕切りがないので、とにかくたくさんの荷物を詰め込めます!
スペースが広すぎて整理がしづらい…という方は市販のバッグインバッグなどを使えば、きれいに収納できますよ。

 

使い勝手の良いポケットたち

BUDDYには内側にメッシュのファスナーポケットが1つ、外側にファスナーポケットが4つあり用途によって収納を使い分けできます。

私は内側のメッシュポケットに充電コードやイヤホンを収納。外側のフロントのファスナーポケットにスマートフォン、両サイドのポケットにはハンカチや折り畳み傘を収納して、必要な時にサッと取り出せるようにしています。

BUDDYにはサイドにカラビナも付いているので、キーホルダーやフック付きの水筒なども吊り下げられます!

背面のファスナーポケットはパスポートがちょうど入るくらいの大きさ。ICカードや鍵など、すぐに取り出したい貴重品類を入れるのに便利です。

 

重くてもラクチンなショルダーベルト

背負いやすいカーブ型のショルダーベルトにはクッション内蔵。背中に当たる部分にもクッションが入っているので、長時間背負っていても疲れにくい!

もちろんベルトの長さは調節可能。リュックの重さによって重心を変えたくなる時ってありますよね。こちらはするすると滑りのいいベルトなので、背負いながら簡単に長さが調節できるんです。

BUDDYのショルダー部分にはリフレクター(反射材)がついているのも嬉しいポイントです。

 

Marimekko / BUDDY

 

BUDDYより小さめサイズのMETROはコチラ

 

まとめ

今回はマリメッコのリュックサック、BUDDYをご紹介しました。

シンプルなデザインで長く使える&本当に使いやすいリュックなので、
是非皆さまも普段使いや旅行のお供に使ってみてくださいね!

その他Marimekkoのリュックサックはコチラ>

バッグカテゴリの最新記事